1月23日(木)「徹底理解!サ高住・有料老人ホーム事業に おける収支分析と経営改善法@日本橋」のご案内

2011年11月に高齢者住まい法が施行されて以降、全国でサービス付き高齢者向け住宅が爆発的にその数を増やしているのはご存知の通りです。制度は3年目に突入しましたが、今後拡大していく介護市場の最注目株として、今もなお熱い視線を浴びています。

 

その一方で、法律が施行されて以降の3年間で、様々な問題も出てきました。建てたけど埋まらない住宅や、収支が計画通りに上がらないといった現実に、多くの事業者様が悩まれています。

 

今回は金融ファクシミリ新聞社様の主催で、新たに計画されているサービス付き高齢者向け住宅の設立に携わるあらゆる方を対象にセミナーを行います。

 

失敗しないためには何に気を付けるべきか、どういった収支を組むことが本当の正解と言えるのか、といったテーマで弊社齋藤と垰がお話しをさせていただきます。

 

3年経ったからわかってきた、サービス付き高齢者向け住宅の最新の事情を御紹介します。是非、ご参加いただければと思います。

 

 申し込みフォーム

(金融ファクシミリ新聞社様のページへジャンプします) 

  

【セミナー概要】

日時:2014年1月23日(木) 13:30~16:30

会場:東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2F セミナールーム

 

会費:31,500円(税込)※2人目以降28,980円

 

1 『サ高住』『有料老人ホーム』のビジネスモデルの要点
  (1) 増加する『サ高住』のビジネスモデルとは
  (2) 入居系・居住系サービスの市場理解
  (3) サ高住事業理解の為の5つのポイント

 

2 絶対に知っておきたい『サ高住』『有料老人ホーム』の着眼点・チェックリスト
  (1) 着眼点1:運営法人・周辺事業(在宅サービス・入所サービス)
  (2) 着眼点2:ターゲット設定(低価格型・医療ニーズ特化型・高級型)
  (3) 着眼点3:規模・立地・家賃・サービス・人事制度等

 

3 『サ高住』事業モデル収支分析~経営のポイント・中長期収益・リスク~
  (1) 分析モデル1:単独型モデルの収支と経営のポイント(居室のみ)
  (2) 分析モデル2:訪問併設モデルの収支と経営のポイント(居室・訪問介護併設)
  (3) 分析モデル3:訪問・通所併設モデルの収支と経営のポイント(居室・訪問介護・通所介護併設)

 

4 『サ高住』『有料老人ホーム』成功を収めるための施策
  (1) 空室対策・収支改善の為に取り組むべき施策
  (2) 短期的成功を実現するための方策
  (3) 長期的成功を実現するための事業モデル

 

どうぞ奮ってご参加ください!

 

申し込みフォーム

(金融ファクシミリ新聞社様のページへジャンプします)

高齢者住宅・有料老人ホーム向けセミナー情報一覧